ウーマン

シミを消す方法や施設はたくさんある┃カウンセリングが重要

切らずにたるみを治す

先生

照射系治療の注意点

美容外科クリニックでは皮膚のたるみを解消する、レーザー、IPL、RFなどの照射系の治療が大人気です。いずれもたるんでいる皮膚に特殊なレーザーや光、高周波などを照射するだけで、優れた引き締め効果があります。切る美容整形はリスクが高く、ダウンタイムも長いですが、照射するだけの治療はリスクが低くダウンタイムもほとんど皆無です。気軽にできるのが魅力の若返りの照射系治療ですが、治療をする美容外科クリニックはしっかり選ぶ事が大切です。高度な医療機器ほど、使いこなすには経験と知識が必要です。慣れていない医師が治療をすると、治療前と治療後があまり変わらなかったり、効果があったとしても長く続かないことがあります。

コラーゲンが生成される

レーザーなどの照射系の治療は、真皮のコラーゲンの生成を促すことで肌を若返らせる効果があります。人間には生まれつき治癒能力があり、組織が傷つくとそこから細胞が生成されて新しい組織を作ろうとします。真皮をレーザーや光で傷つけると、治癒能力が働いて真皮にあるコラーゲンが活性化して増えていきます。コラーゲンが生成されると、自然に肌のたるみがなくなり、しわの予防もできます。フェイスリフトはたるみを切除する美容外科手術ですが、照射系治療は自分自身の肌の若返り成分をアップさせる治療です。そのため、ごく自然に組織が再生されて肌にハリ&弾力が出てきます。顔に一切傷をつけずにできることから、美容外科でとても人気があります。